GEMFOREXのロスカット水準・証拠金維持率について徹底解説

FX取引を行うにあたって知っておきたい知識の1つが「ロスカット」です。

ここでは海外FX業者「GEMFOREX(ゲムフォレックス)」のロスカット水準やマージンコールについて詳しく説明していきます。

ロスカットによる思わぬ損失を増やさないためにも、GEMFOREXの証拠金維持率の計算の仕方やロスカットについて理解しておきましょう。

GEMFOREX(ゲムフォレックス)でのロスカット

ロスカットとは、FX取引で決められた水準の損失が発生した際に、強制的に取引が終了する仕組みです。

この一定の水準がGEMFOREX(ゲムフォレックス)では、証拠金維持率20%以下となっています。

ロスカットは強制的にポジションが決済されるため損失は避けられません。

証拠金維持率の計算方法とは?

必要証拠金とはそのポジションをもつために担保として最低限必要となる資金のことであり、証拠金維持率とは必要証拠金に対する純資産額の割合のことです。

証拠金維持率は以下の計算式で求められます。

証拠金維持率(%)=純資産÷必要証拠金×100

※純資産とはその時点で全ての取引を終了した場合の資産のこと

この計算式を使うことで今どのくらいの証拠金維持率なのかを把握でき、ロスカットまでどのくらいなのかも知ることができます。

GEMFOREX(ゲムフォレックス)においてのロスカット水準・マージンコール

先ほど説明したように、ロスカット水準とは強制的に取引が終了する基準でありGEMFOREX(ゲムフォレックス)では証拠金維持率は20%です。

また、マージンコールとはロスカットに近づくと警告のために鳴るアラームのことで、こちらは証拠金維持率50%と設定されています。

ロスカット水準は、多くの大手国内FX業者は50%と設定されており、海外FX業者の方が低めの設定な傾向。

トレーダー目線では、ロスカットはされないに越したことはないので、国内FXよりも海外FXの方が有利な条件設定といえますね。

ロスカット例を紹介

次に、ロスカットされる例を紹介していきます。

1ドル=100円の時、レバレッジ1,000倍で10万通貨エントリーするとします。

その時の必要証拠金は、

100円×10万通貨÷1,000倍=10,000円

となります。

GEMFOREX(ゲムフォレックス)のロスカット水準が20%のため、10,000円×20%=2000円

つまり、口座金額が2,000円を下回った際に強制ロスカットとなります。

この金額を下回らないように、口座残高をこまめにチェックすることが重要です。

国内FX会社との比較

先ほども少し触れたように、国内FX会社に比べて海外FX会社のほうがロスカット水準が低くなっています。

それに伴うロスカットまでの値幅を比較していきましょう。

1ドル=100円の時に、口座残高40万円の人が10万ドルのポジションを持っているとします。

 GEMFOREX国内FX会社
レバレッジ1,000倍25倍
通貨量10万通貨10万通貨
必要証拠金10,000円400,000円
口座残高400,000円400,000円
証拠金維持率20%50%
ロスカットされる金額2,000円200,000円
ロスカットまでの値幅3.98円2.00円

この条件でロスカットまでの値幅を見てみると、国内FX会社では2.00円ですが、GEMFOREXでは3.98円まで耐えることができます。

このようにレバレッジや最低証拠金維持率は、ロスカットまでの値幅に影響を与えます。

同じ条件で取引を始める場合はGEMFOREX(ゲムフォレックス)を利用する方がロスカットされにくいので初心者にはいいですね。

他の海外FX会社のロスカット水準は?

国内FX会社との比較は先ほど行いましたが、他の海外FX会社のロスカット水準はどのくらいなのでしょうか。

海外FX会社6社とGEMFOREX(ゲムフォレックス)のロスカット水準を表で比較してみましょう。

海外FX業者ロスカット水準
GEMFOREX20%
Axiory20%
iForex0%
XM20%
TitanFX20%
IS6FX50%
FBS20%

この表を見ても分かる通り、ほとんどの海外FX業者ではロスカット水準を証拠金維持率を20%以下に設定しています。GEMFOREXの水準も平均的といえますね。

iForexやIS6FXのように少し違ったブローカーもあるので、ロスカット水準が気になる方は注意してください。

強制ロスカットの回避方法

ロスカットはトレーダーの損失の拡大を防いでくれる一方で、確実に損失が発生してしまうものでもあります。

強制的に損失が確定してしまうのは避けたいですよね。

ここではロスカットを回避する方法を4つ紹介していきます。

  1. 早めの損切り
  2. 証拠金追加
  3. 逆指値注文の活用
  4. 低いレバレッジでの取引

では1つ目から見ていきましょう。

①早めに損切りをする

損切りとは、自分で損失を受け入れて取引を終了することです。

FXでは損切りのタイミングが非常に重要とされています。

利益を出せるトレーダーほどうまく損切りを行って損失を抑えているのです。

もちろん損切りをすれば小さな額の損失は増えてしまいますが、ロスカットされたときの損失に比べると小さな損失で済みますね。

事前に損切りのラインを決めておいて、ロスカットされるほど損失が大きくなる前に損切りができるようになるとよいでしょう。

②証拠金を追加する

口座の資金を追加することで、全体の証拠金が増えて証拠金維持率に余裕ができ、ロスカットを回避できます。

ロスカット水準までに余裕が出来ている間に相場が好転すれば、損失が減りますね。

しかし証拠金を追加したとしても相場が好転せず、ただ損失を増やしたまま結局ロスカットとなってしまうこともあります。

状況によってはロスカットを受け入れ、気持ちを切り替えて次の取引に資金を使ったほうが賢明な場合もあります。

つまり状況判断が鍵となってくるのです。

③逆指値注文を活用する

ロスカットを回避するためには、あらかじめ損切りラインを入れておくのがおすすめです。

そこで活用できるのが「逆指値注文」です。

逆指値注文とは、「1ドル=○○円以下になったら売る」と現在よりも不利な為替レートを指定して注文できる方法です。

逆指値注文をしていない人も多くいますが、サーバーダウンや急な上昇や下落も考えられるのであらかじめ損切りラインを入れておくようにしましょう。

④低いレバレッジでの取引

GEMFOREX(ゲムフォレックス)では最大1,000倍のレバレッジをかけることが出来ます。

しかし高いレバレッジばかりで取引をしていると、リスクも高くなってしまいます。

特に初心者はレバレッジ3倍くらいまでに抑えておくのがよいでしょう。

低レバレッジで取引をしていれば、ロスカットを回避しやすく長くトレードすることが可能になります。

以上に挙げた4つがロスカットの回避法です。

これらを行うことでロスカットによる損失を減らすことが出来ます。

GEMFOREX(ゲムフォレックス)は追証なし

追証とは追加証拠金のことであり、FX取引で出てしまったマイナス分を入金することです。

GEMFOREX(ゲムフォレックス)はゼロカットシステムを採用しているためこの追証はありません。

そのため、どれほど相場が変動して大きなマイナスがでたとしても、ゼロカットシステムにより口座残高以上のマイナスを負うことはないのです。

借金に繋がるような心配がないため、安心して取引することが出来ます。

ゼロカットシステムについて詳しく知りたい方はこちらをご覧ください↓

合わせて読みたい

GEMFOREX(ゲムフォレックス)をはじめとした海外FXでは、追証のない「ゼロカットシステム」を採用しています。 ゼロカットシステムとは、トレードで大きな損失が出てしまった場合にFX業者が自己資金以上の損失を補填してくれる制度。 […]

blank

まとめ

繰り返しとなりますが、GEMFOREX(ゲムフォレックス)のロスカット水準は証拠金維持率20%、マージンコールは50%となっています。

国内FX業者に比べてロスカット水準が低いため、ロスカットされにくいといえます。

さらにGEMFOREXは最大で1000倍のレバレッジが使えることもあり、これから海外FXを始める初心者の方にぴったりな環境が整っていると言えます。

そんなGEMFOREXの安全性や評判をまとめている記事もありますので、安全性や評判が気になる!という方は是非チェックしてみてください。

>>GEMFOREXの評判・口コミ、安全性を見てみる